小型PCのメリット

  • 省スペースで配置場所に困らない
  • ノート、一体型より高性能
  • 搭載パーツによってはタワー型と遜色ないスペック

小型PCの最大のメリットはやはり省スペース性です。そしてノート、一体型PCと比べてもスペックが高く価格も安いです。また小型PCでもハイエンドモデルになれば最新ハイスペックパーツを搭載しており拡張性の高いタワー型PCと比較してもハイパワーを出すパソコンが多数あります。

小型PCのデメリット

  • 拡張性が低い
  • 搭載できるパーツにも限りがある

これはあくまでタワー型と比較した場合ですが拡張性が限定されます。また内部スペースがタワー型よりも狭いため搭載できるパーツも限られてきます。そのため性能を追求しようとすれば頭打ちになりタワー型には敵いません。

そこそこの性能かつ省スペースを追求したユーザーに小型PCはおすすめと言えます。

大手メーカー製PCよりもBTOパソコンが優れている理由

大手メーカー製PCでも小型と言われるコンパクト、スリム型デスクトップPCは販売されていますが「やめておけ」としか言えません。

大手メーカーとBTOパソコンを比較した時に同スペックなら確実にBTOの方が安いです。また大手メーカー製は既成品を買うのでカスタマイズができません。しかし、BTOなら注文時に気に入らないパーツ箇所があれば拡張できる範囲で小型PCもカスタマイズが可能になります。

あと余計なアプリがBTOはありません。大手メーカー製PCを一度でも使ったことがある人ならわかる方も多いと思います。余計なアプリの数が尋常ではありません。

アンイストールしてもアップデートの度に再インストールされていたり勝手にバックグラウンドで動作していてメモリを圧迫しているケースがあります。

利用しないのにインストールしておかないといけないといった歯痒さ…正直、ハードディスクの肥やしにしかなりません。

しかし、BTOパソコンはメーカー製と違い余計なアプリ、ソフトウェアがインストールされていません。必要なものだけ入っており後は自分でアプリ、ソフトを付け足していくだけ。ですからハードディスクを圧迫することなくメモリ容量の使い加減も自分で調整ができます。

↑ ページの上部へ